指輪

ラザールダイヤモンドで永久の輝き|指元が輝く

婚約したら贈るもの

指輪

高品質なものを賢く選ぶ

大切なパートナーとの絆の証になるもの、それはまず婚約指輪でしょう。日本においてもカップルが結婚の約束をしたりプロポーズをするときに、多くの男性が婚約の証として女性に婚約指輪をプレゼントします。では実際にどのくらいの価格の指輪が贈られているのでしょうか。そして今後はどのようになっていくのでしょうか。ひと昔前には、婚約指輪は「給料の3か月分」、つまり約100万円というのが定番でした。一方、今日では30万円くらいのものを選ぶことが多いようです。とはいえ、これは決してお金を出し渋るようになったわけではなく、婚約指輪についてカップルでよく話し合うって適正な価格帯を見出し、良質な指輪を賢く購入するようになったためのようです。この傾向は今後も続いていくでしょう。

手作りやリフォームも流行

婚約指輪は婚約の証として男性から女性に贈られる指輪で、現在の相場は約30万円です。婚約指輪に使われる定石の一番人気はやはりダイヤモンドです。ダイヤモンドには「永遠の輝き」という意味が込められています。以前よりも相場が安くなったとはいえ、高品質な指輪を求める傾向は高まっています。そのため、クオリティの高い指輪を賢くリーズナブルに購入するために、婚約指輪を手作りする方法も人気があります。これは費用が抑えられるだけでなく、世界に一つだけの指輪を作るという満足感も高いようです。また、母親から婚約指輪を譲り受け、リフォームして贈るというケースも増えています。手作りの婚約指輪やリフォームには専門店が多くありますので、インターネットで検索して自分の希望に合う店を見つけることが出来るでしょう。